2018年12月10日月曜日

会社清算

独立してから3社目の会社清算の申告をやらせていただいております。
以前勤務していた税理士法人では9年間の間で2社しか申告しておりません。
きっちり清算までやるというのは、意外に少なかったりするんです。


というのも、会社の業績が悪くなり、会社に財産が残っていない場合、そのまま放置してしまっているのがほとんどなんです。
そういった会社は欠損金が積もりに積もっている状態なので、放置しても納税という話は出てきません。(厳密に言うとありますけど・・・)


欠損金は繰越控除というものが行えます。
当期前に発生した欠損金を、当期の利益に相殺させることができるんです。

ということは・・・

世の黒字企業は放置されている赤字会社を買収しちゃえば、欠損金を活用できる?
それができればかなりの節税になりますけど・・・。
そんなことはできません!
恐らく、これができちゃうと、日本は法人税が発生しないんじゃない?ってぐらいになってしまうでしょう。
なので、放置されている会社はゴロゴロしてるんです。


きっちり清算するメリットは、相続で役に立つこともあります。
それはそのうち!


税金の相談は税理士へ!

0 件のコメント:

コメントを投稿

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。 もうちょっとブログに力を入れたいと思います。